読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホルモン少佐『今日もFXですか?』

少額投資でFXを喰らう事は可能か?25年間も愛し続けたタバコとパチンコ・パチスロに別れを告げた男が目指す先にあるモノとは…

ホルモン少佐:アメリカの利上げでトルコは…vol.34

カフェインが脂肪燃焼を促進させるらしい。ボクのわがままボディは…一体どれだけコーヒーを飲む必要があるのか…。

ども。ホルモン少佐です。

昨日ボーナスが支給されました。

僅かながらボクの手にもお小遣いが乗りました。

早速FXエントリーを…と考えましたが、もう少し考えてエントリーしようと思っています。

それから話は逸れますが、日本とロシア…良い関係になればイイな。

では本題に入ります。

なぜアメリカの利上げでトルコリラが困るのか?

トルコリラのメイン取引の相手はアメリカドルです。

アメリカの利息は…

2年前…0.25%

昨年…0.5%

今回…0.5〜0.75%

わかりやすく簡単に言うと、投資家は銀行から低金利でお金(ドル)を借りてトルコに投資してました。

ですが昨年、銀行は2倍に利上げ。

金利が高いお金を借りてまで投資する人っていますか?

となると、トルコリラへの投資量が減る。

つまり、チャートは下がる一方になる。

なので、トルコリラ/円でスワップ目当てで投資しても下降トレンドの中でポジションを持つ事になるので、評価損益はマイナスが続き、ロスカットへのリスクも高くなる。

今はトランプ効果で円安に向かっています。

トルコリラは約33円ですが、これが底値であれば

あとは上がるのを待てば自然に利益が出ます。

逆を言えば、トルコリラが上昇する為の材料がなければ下がり続ける。

まさにハイリスク・ハイリターン。

投資は自己責任ですよ。