読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホルモン少佐『今日もFXですか?』

少額投資でFXを喰らう事は可能か?25年間も愛し続けたタバコとパチンコ・パチスロに別れを告げた男が目指す先にあるモノとは…

ホルモン少佐:勝ち組になる為に。vol.22

ども。ホルモン少佐です。

 

投資は自己責任でお願いします。

 

さて、これまでいろいろFXについて良い面だけ書いてきました。今度はリスクについてです。

 

今回はロスカットについて。

 

ハッキリ言って、日本のFX会社にはロスカットシステムがあるので最大損失額はあなたが銀行に入れた金額がmaxです。それ以上は損しません。

 

では始めます。

 

まず、普通に外貨を買うと…

 

現在、AUD/円…約85.000円です。

 

つまりオーストラリア1ドル買うには85円必要です。

1000通貨なら…85000円。

 

でも、正直そんな金はありません。

 

そこで活躍するのがレバレッジです。

 

レバレッジを日本語訳すると『テコの原理』

 

簡単に言うと、少ない金額で大きな取り引きをして儲ける。

 

ブログを遡って見ると、『必要証拠金』っていう言葉をボクは使っています。

 

この必要証拠金がレバレッジを効かす金額です。

 

オーストラリアドルAUD/円の必要証拠金は1000通貨買うのに、たったの3400円。

 

先程、普通に買うのに8万5千円と書きました。

 

小さい力(3400円)で大きな取り引き(1000通貨:8万5千円分)をする!!これがレバレッジです。

 

現在、日本のレバレッジは最大25倍。

 

だから3400円で85000円の取り引きが可能になります。

 

85000円÷3400円=25倍!!

 

じゃあ、取り引きするのに3400円だけでイイの?

 

ここからが、大事なロスカットの話。

 

ロスカット…強制決済

 

つまり投資家(ボク達)の資産を守ってくれるルール。

 

相場は常に流動的です。

 

簡単に言うと、上がったり下がったりを繰り返しています。

 

例えば、

 

AUD/円(1000通貨)の場合…

 

85円から86円に上昇すると1000円の儲け。

 

逆に85円から84円に下降すると1000円の損失。

 

スワップで儲けることを考えているボク等にとっては維持〜上昇することを望みます。

 

しかし、常に上昇し続けることはあり得ません。

時には世界情勢などで下降することもあります。

 

では下がり続けた場合はどうなるのか?

1銭下がれば…10円の損失

10銭下がれば…100円の損失

1円下がれば…1000円の損失

 

下がり続ければ口座はゼロになります。

そこで活躍するのがロスカット

 

FX会社で条件はまちまちですが、ある一定額以上の損失があった場合、FX会社が強制的にポジションを決済し、損失を抑えてくれるシステム。

 

簡単な例)

 

口座に5000円あります。

AUD/円を1000通貨買います(3400円)

残高1600円

 

この状態だと1600円の損失でロスカット

 

ロスカットがなければ口座はゼロ。下手すると損失まで発生する可能性があります。

 

投資家には優しいシステムですが、出来ればお世話になりたくないのが本音。

 

なので、冒頭にも書きましたが、口座に3400円だけでイイのか?っていう話は…

 

これだと0.1銭でも下がればロスカット…ですよね。

 

なので、ロスカットしないように口座には余力を入れておきましょう。

 

前回の記事で

10000円を入金

3400円でAUD/円1000通貨を買う

3600円を口座に残す。

3000円をおろす。

 

っていう3600円はロスカット防止の為の余力。

→3円60銭まで下降しても持ち堪えることが可能です。生活に余裕があるなら3000円もおろさず口座にプールしておきたいです。

 

ですが、世界情勢で相場がどう動くのか予想はつきません。

つまり一瞬で20円下がることもあり得ます。

 

これがFXのリスク。

 

※平成29.03.25 情報が古いかもしれません。確認をお願いします。